SNSと女子の人間関係:集計結果(OL論・第3講)

2016-12-18
Written by:
佐々木遼介 (@SasakiCityboy)
  • 佐々木遼介

 「ネットとリアルは別物」、そんな時代はとうの昔に終焉を迎えた。ネットとリアルの境目はもはや無くなりつつあり、FacebookをはじめとするSNSは、僕達の人間関係の核の部分まで近づこうとしている。それは「OL」にとっても同様である。リアル社会での女の戦い、駆け引き、そしてマウンティングは、リアルを超えてSNS上でも繰り広げられている。よって「OL論」を研究するにあたっても、これは避けられないテーマなのである。

 そこで僕は、前回の「第2講」の最後にて、働く女性を対象にアンケート調査を行なった。質問項目は「SNSで女友達にイライラする瞬間」。1週間弱の回答期間だったが、なんと338名の女性より回答をいただいた。そしてその回答達を一言で表すなら…、

生き生きとした嫉妬

 まさしくこの言葉がふさわしいだろう。僕が思っていた以上に、OLはイライラしていた。匿名であることを武器に、日頃の鬱憤という名の毒素をアンケートフォームにデトックスしてもらった。なお、今回協力いただいた方々の年齢構成及びSNSの利用状況は以下のとおりである。

回答者の年齢構成

23歳が最も多い。全体的に20代が多く、30代以降は少ない

回答者の各SNS利用率

Facebookが78%、Instagramが77%、Twitterは69%

 では、回答の紹介に参りたい。また何度もしつこいようだが、予想以上にOLはイライラしていた。

OLアンケート
「SNSで女友達にイライラする瞬間」

#ハッシュタグ

#️⃣
・#オーガニック#国際カップル#LOVE#感謝#フレンド#自分磨きとかそーゆう類のハッシュタグを連打する人(28歳/)
・アメリカかぶれの女がやたらと英語でハッシュタグをつけているとき(21歳/)
・女友達との写真の投稿には必ず#大好き(27歳/)
・#specialthanks っていう謎のタグ(23歳/)
・#smile#winter#sweetsなど小学生レベルの英語のハッシュタグ(21歳/)
・Instagramのタグにやたらと前向きな英単語が並ぶ(数も非常に多い)(26歳/)

→そしてそういう投稿のコメント欄を見ると、一定の確率で、(おそらくそのハッシュタグを辿ってきたであろう)よく分からない外国人から「Nice pic:)」というコメントが付いている。

#自撮り

📷
・やたらSNOWで自撮り(24歳/)
・コアラが笹食ってるかクマがクッキー貪ってるやつばっかりで撮影し最後に#いくら撮っても慣れない(27歳/)
・お洒落な自撮りが多い、かわいくては綺麗な自撮りを載せているのに「自分はかわいくない」風なコメントする=ファッションブス(29歳/)
・髪切ろうかな、伸ばそうかなというツイートとともに自撮り写メアップ。どうぞ御勝手に。(23歳/)
・買った物より自分の顔又は脚をメインに写した写真をアップしている。(24歳/)
・セクシーすぎる自撮り、もしくは動画(23歳/)

→SNOWは楽しい。僕ですら色々試している。しかし同時に、SNOWの加工は麻薬のようなものでもある。このアプリは、これまでの「自撮り」「盛り」の概念を根本から覆した。まさに自撮り界の革命児であり、このアプリの登場は自撮り史のターニングポイントでもある。

#MY角度

💁
・毎回僅かに角度を変えただけの自撮り(26歳/)
・instagramに自撮り写真を載っけるも服装が違うだけで笑顔具合と写真の角度がいつも同じ。定型文を見せられているようでイラッとして、さらに面白みがない。女子会などで複数の女の子が載ってても、もちろん同じ顔で角度なので、ほんとに楽しいのか?と疑問に思う。(24歳/)

→ちなみに僕は右に20度くらい首を回すと、若干イケメンになる。特に誰かの同意を得たことはない。

#自分だけ写真写りがいい

🙆
・一緒に撮影した写真の中でも、自分の写りが良いものだけをアップする。(24歳/)
・2人以上の集合写真で自分が写りのいい写真を選ぶ。他の人がブレてても。(24歳/)
・異様に自分だけかわいい写真をあげる。(20歳/)
・自分だけ可愛く写ってる写メ使う(T_T)(30歳/)

→そういうときに限って自分の写りは異常に悪いし、しかもそういうときに限ってプロフィール写真にもされてしまう。

#仲間に感謝

👯
・「私は本当に人に恵まれてる」という書き込み(26歳/)
・インスタの#同期最高 #安定の同期 #同期安心する(23歳/)
・仲間!最☆高☆みたいな写真をあげる人(22歳/)

#アラサーなのに

👠
・アラサーなのにギャル語を使う同級生の投稿。(29歳/)
・アラサーの「わ」が小文字(30歳/)
・アラサーがツインテしてピンの自撮りにハッシュタグつけまくってあげてるとき。(32歳/)
・同年代がSNOWの自撮りを盛れると載せていたとき(29歳/)

→世の中はアラサーに厳しい。

#体調不良

😷
・体調が悪いと体温計の写真をアップする(29歳/)
・高熱叩き出した時の体温計の写メ(27歳/)
・「今日は体調悪くて会社お休みしちゃったぁ💦水分しか摂ってないよぉ」と言って載せてる写真が、メイクばっちりで小首傾げておしゃれボトルにデトックスウォーター入れて目を瞑って舌ペロってしてた時はイライラして白目になりました。(31歳/)

→僕も38度を超えたあたりで、「すごくない?」という一言とともに近しい人に送りまくるので、上げる人たちの気持ちは十分理解できる。

#活動報告

🍽
・なんだか体に良さそうな料理教室への参加報告(29歳/)
・やたらヨガ姿を披露(28歳/)
・アラフォーの「ちょっと腹筋割れてきた」というコメントと微妙な腹筋の写真(21歳/)

→薬膳料理教室はABCクッキングとかよりも一枚上手なイメージがある。

#間接的モテ事情

🍸
・可愛くない人がモテる自慢をそれとなく匂わせるツイート(23歳/)
・自分をさげる投稿と見せかけて、美人でモテてできる女という内容がちりばめられている投稿(32歳/)
・「ナンパされた」などの私、モテるんです発言(27歳/)
・「突然大学生位の男の子に声かけられて連絡先渡された、、。びっくりした。」とかいうモテ自慢ツイート。(23歳/)

→僕も「女子から何でもない内容のLINEが来た」程度で騒ぐ人間なので、モテ自慢をしたくなる気持ちは痛いほど分かる。そして、「モテ自慢と思われなくない」という気持ちで、間接的に表現したくなる気持ちはもっとよく分かる。

#謎のアピール

🎂
・やたらと「◯◯にほっこりした」アピールしてくるとき(26歳/)
・無駄におしゃれな女子会の写メを載せて、この時間がないと私死んじゃうかもとありもしない妄想を語る。(25歳/)
・やたら夏が好き、海が好きを1年中アピール(ギャルに多い)(22歳/)
・大してかっこよくもない彼氏と写ってる写真を挙げて、「付き合って1年8ヶ月記念日」という中途半端な記念日を公に公開しているのを見たとき。(25歳/)
・お誕生日メッセージか複数来たとき、あとでまとめて返しますという友達多いですアピールをする女(24歳/)

→ちなみに僕の今年の誕生日に来たメッセージは2件でした(うち1件は家族)。

#仕事の話

👩‍💻
・仕事頑張っています!感を無駄にアピールする。(出張先の会議室から見た大都会の風景やらをアップ)(33歳/)
・デスクで可愛い文房具に癒されてる旨の記事・写真。仕事に余裕がある感じがイライラする(30歳/)
・「もっと働きたい」という事務職の友達のツイートを見た時。「長時間労働してもそう言えるのか」って思う。(23歳/)
・100円くらいの安い缶コーヒーの写真に#今日も仕事頑張ろう(27歳/)
・仕事が楽しい、忙しい、先輩がどうのこうの…と呟きつつ仕事で評価されているんです、ということをなんとなくアピール(27歳/)
・忙しいけどリアルは充実してるんだよ感をさりげなく出してくるあれ。(24歳/)
・仕事論を語る(まだ社会人一年目なのに)(23歳/)

#悲しい

😭
・自分が参加していない女子会写真のアップ。で、楽しかった~とか感想言いあうやつ。(40歳/)
・自分抜きのメンバで集まった写真をアップする(24歳/)
・直接ご報告できなかった方すみません、と結婚式をした報告(→自分が式に誘われてない)(26歳/)
・誘われていない飲み会の風景(32歳/)
・自分と遊んだ時の投稿と、他の人と遊んだ時の投稿の温度差(自分の時の方が適当さがでてる場合)(22歳/)

→「いつも遊ぶグループ」だと思っていた人たちが、自分抜きで遊んでいる投稿を見たときの「あれ?」感。

#構ってちゃん

🤕
・主文がなく自分の大変さや傷ついてる感情アピールがすごいので何事かと思って心配のコメントすると「自分で解決するしかないから」と結局何が起きているのかわからない。とにかく自分の事を心配して欲しいだけの構ってちゃん。(37歳/)
・マイナス発言や意味深発言をする女。それに対して「どうしたのー?なんかあった?」という女。(26歳/)

#いいねの数

👍
・投稿して間もない頃、意外といいねが来なかったのか、その投稿を消す女子。(21歳/)
・私よりブスなのに、私より「いいね」が多いとき(26歳/)

→2つ目の、

・私よりブスなのに、私より「いいね」が多いとき

これ、好きですね。

#芸能人かよ

💃
・☆ご報告☆私●●はこのたび○○さんと入籍いたしました、みたいな、芸能人の結婚報告FAX風の書き方。普通に結婚しましたーでいいやんか。私●●は、とか、名前はお前の投稿だからわかってるよと思う。(30歳/)
・facebookにて「ご報告」というタイトルから始まる入籍報告が多すぎる。ご報告というタイトルや会社関係の人が読んでも不快さを与えない言葉選びが更に皮肉さを増す。(26歳/)
・モデル気取りで首から下の姿のみ自撮りし(アングルは上から)、今日のプチプラコーデ♥とハッシュタグをつけてる投稿をみたとき(24歳/)
・芸能人でもないのに休日のことをオフと言う(23歳/)
・手作り料理の写真の後の#○○ご飯(○○には自身の名前)(27歳/)
・大したブランドでもないのにoutfit of the dayとかってモデル気取りで全身コーディネートを載せてる(33歳/)

→非常に多かった。僕はこれについて、彼女らが意図的に芸能人の真似をしているというよりも、普段日頃からモデルや芸能人のアカウントを眺めていることによって、無意識的に芸能人の投稿の「文法」が手本になり、影響されているのではないか、と思っている。

#匂わせ女子

👔
・男の人と一緒に居るのを、あえて腕や足だけ写して、見ている人に男の人といるのかと想像させる投稿をするとき。(25歳/)
・はぁ、会いたい。と彼氏を匂わせるようなツイート(21歳/)
・彼氏をにおわせるような投稿(文面にはハッキリ書かずに写真に少し写っている)(25歳/)
・誰かといる写真の#いつもありがとう(22歳/)
・彼氏いらないの〜〜と言いながらSNSに載せる写真にあからさまに男だよね?っていう一部が写り込んでる写真を載せる女(23歳/)
・画像をあげるとき、風景や食べ物だけを写してるがそこはかとなく男の影を匂わせる投稿。(写り込んでる指や靴や服が明らかに男性のもの。)(25歳/)
・主語のない「楽しかったなぁ.:*”」みたいなの(23歳/)
・インスタにて彼氏とのツーショットをばっちり載せてるのが見たいのに匂わせるだけの投稿(写真コマ割り多過ぎて見えない、肩だけ写る、背景写真に彼氏のアカウントタグ付け(彼氏のインスタは鍵付きもしくは投稿ゼロ))(23歳/)
・明らかに1人で行けない高そうな食事の写真の写真・又は自分で買えないプレゼントの写真を唐突に上げる女子(本文はありがとう❤︎のみ)とそれに対して「どうしたの〜〜?!」「話し聞かせてっ!」という言葉で溢れたインスタのコメント欄を見たとき(25歳/)

→最も多かったのはこの「男を匂わせる」系。全体のおよそ2〜3割を占めた。
→堂々と彼氏の顔が写った写真を見たときよりも、匂わせ写真を見たときの方が「負けた」感が強い。なぜならちょっと「余裕」と「気遣い」と「奥ゆかしさ」を感じるからである。匂わせ写真は、堂々とした写真よりも「1つ上のステージ」にある。

所感

 いかがだっただろうか。「いるいる」と思った方も多いだろうが、「あ、私のことかも」と思った方もいるだろう。しかし気にする必要は全くない。なぜなら、僕達が思っている以上にOLはイライラしているからだ。何を上げても誰かはイライラする。イライラしている方が上げる写真にも、きっと別の誰かがイライラしている。よって「気にせず自分のいいと思うものを投稿する」、これが最善なSNSとの付き合い方なのだろう。

 また残念ながら、全ての回答を掲載することはできなかった。しかしどれも素晴らしい回答だったため、下記のページに338件全ての回答を、コメントを付けて載せた。量が膨大なため非常に見づらく申し訳ないが、時間のある方、もしくは何かしらが「溜まっている」方は眺めてみてほしい。(なお、本記事で採用したのはあくまで「ある程度のポップさ」が残っているものである。一覧の中には「非常に面白いが、ちょっとこれは流石に載せられないな」というものもある。特に30歳を超えたあたりから、突然「闇度」が増す傾向にある。)

回答一覧を見る

 また今回のテーマは「イライラ」に焦点を置いたが、予想以上にこの国は、そしてこの国で働くOL達はストレスを抱えていることが判明した。よって次回のOL論は、そんなストレス社会から逃れる方法、そう、「OLの現実逃避」について触れていきたい。

Hashtags

#Blog #考察 # #

Share
URLをコピー
Follow @SasakiCityboy

Menu