犬を飼いたい その2

2016-12-31
Written by:
佐々木遼介 (@SasakiCityboy)
  • 佐々木遼介

 先日、親から荷物が送られてきた。どうやらクリスマスのプレゼントらしい。「何だろう」と期待しながら開けてみると、これが入っていた。

フレンチブルドッグの抱枕
(自宅にて撮影)

 なんと「犬の抱きまくら」である。23歳なのに親からクリスマスプレゼントを貰っているという事実だけでも十分恥ずかしいのに、さらにそれが「犬の抱きまくら」というのは、恥ずかしいを超えて情けないというか、少なくとも周りの女子にはあまり知られたくない。

 では、なぜ突然これが届いたのか。もちろん欲しいなんて言っていないし、そもそもクリスマスに犬の抱きまくらなんて、いまどき女子小学生でもそこまで喜ばない。ましてや23の男である。僕の親とはいえ、さすがに理由もなく「息子のプレゼントは犬の抱きまくらにしよう」とは思わないだろう。

 実は先日のブログで、「犬を飼いたい気持ち」について熱く語った。きっとそれを読んだのだと思う。

 ちなみにその内容は、「犬を飼いたいが一人暮らしで難しいので、インスタで犬アカウントをフォローしたり、もし飼うとしたらどんな犬にするかなどを決めたりして気を鎮めている」というものだった。なおそのブログで決めた「どんな犬を飼いたいか」は以下の通りである。

・犬種:フレンチブルドッグ
・色:白
・名前:とうふ(見た目が豆腐みたいだから)
・好きな食べ物:スイカ
・性別:オス 🆕

(上のリストは今回若干のアップデートを加えている。確かにまだ飼ってもいないのに「好きな食べ物:スイカ」はあまりに理不尽すぎたので除外し、新たに「性別:オス」を追加した。)

@theobonaparte on
おしゃれな白いフレンチブルドッグ by @theobonaparte

参考:おしゃれな白いフレンチブルドッグ

 ちなみに最近行っている「犬活(いぬかつ)※」は、「周りの犬を飼っている人たちに、犬の飼育の大変さやコツを聞いて回る」である。着々と「飼い主になる心の準備」は整いつつある(もちろん実際に飼う予定は全く決まっていない)。

※「犬活(いぬかつ)」…犬を飼う前に行う諸活動のこと。僕しか使っていないので、会話で使用する際は前置きが必要。

@bonniecoco_ on
授乳中のフレンチブルドッグ by @bonniecoco_

参考:授乳中のフレンチブルドッグ

 本題に戻るが、母親はそのブログを読み、軽いジョークとしてこの抱きまくらを送ったのだと思う。というか、それしか理由がない(もし本気で「これをペット代わりに抱いて寝てください」というメッセージだったらあまりに切なすぎる)。

 とはいえ使わずにただ部屋に置いておくのも勿体ないので、試しに一度抱いて寝てみたのだが、そのときに湧いた感情はなぜか「悔しい」だった。それ以来は専らインテリアの一部と化している。

 しかし先日、部屋でこの抱きまくらを眺めていたところ、ふとあることが思い浮かんだ。

 それは、「犬を飼ったらこれは遊び道具として丁度良いのではないだろうか」ということだ。

 確かに犬には「お気に入りのおもちゃ」があるイメージがある。僕が将来飼う犬がこれで遊んでいる姿も容易く想像できた。なんなら10年後あたりに「どんなに新しいおもちゃをあげても、結局これに戻ってくるんですよね。もうこんなにボロボロなのに…」とインタビューで答える自分の姿まで想像できた。そう考えると途端に楽しくなってきた。もしかすると母親は、そこまで見越してこれをくれたのかもしれない。

 いや、そんなことはないと思うが、もしそうだったら、そのときは素直に「ブラボー」と賞賛したい。(完)

@winnie_the_frenchiepooh on

参考:ライオンキングなフレンチブルドッグ

Hashtags

#Blog #雑記 #

Share
URLをコピー
Follow @SasakiCityboy

Menu